ミッシングワーカー

こんな方達が救われるのは

権利収入を持つことだと思いませんか?

 

BE5883C9-EF3F-4060-9390-0E86A9E94CB2

012FCAD1-14CB-4D7D-89C9-858D5DDC71F4

00C7EC91-926D-40ED-9E0D-ED3FCEF7DCDF

NHKスペシャル「ミッシングワ―カ― 働くことをあきらめて…」20180602

ミッシングワーカー 

働くことをあきらめて・・・

初回放送

2018年6月2日(土) 

午後9時00分~9時49分

今、働き盛りのはずの40代・50代に異変が起きている。長期間、働けずにいる労働者が急増しているのだ。彼らは求職活動をしていないため、雇用統計の「失業者」に反映されず、労働市場から“消えた”状態だ。こうした人は先進各国でも増加し、欧米の社会学者は「ミッシング・ワーカー」として問題視している。日本では、40代・50代の「失業者」の数は72万人。一方、専門家の推計で「ミッシング・ワーカー」は103万人に上る。背景には、非正規労働の急増がある。非正規労働者は転職を繰り返すうちに、低賃金かつ劣悪な仕事しかなくなり、転職に失敗すると、八方ふさがりの状況に陥る。中高年になると病気や親の介護など、様々なことから転職につまずき、その結果、労働市場から排除された状態が長く続き、「ミッシング・ワーカー」となってしまうのだ。さらに深刻なのは、独身中高年が増えていることだ。40代・50代の独身中高年は、650万人。親の年金などに依存していると「消えた労働者」の問題が見えにくく、支援が行き届かないまま事態が深刻化するケースが続出している。番組では、「ミッシング・ワーカー」の実態に密着ルポで迫るとともに、解決の糸口を探る。

 

https://www6.nhk.or.jp/special/sp/detail/index.html?aid=20180602

 

働くことを諦める?

いいえ、あくせく働かない選択を自らするのです

ミッシングワーカーになんか

ならなくて済むように…

 

人生を諦めるのか

楽しく生きるのかを

選択するのはあなた次第です

 

諦めない人生を送る方はこちら

http://bit.ly/2HOIw4V

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中