音楽に乗せて

今日は秋分の日なので

「歌」で仏の教えを伝える僧侶のお話です

 

https://www3.nhk.or.jp/news/cameramanseye/2018_0704.html

A5CF4CE6-F794-433D-83DF-8F23EE9F8E1C

 

昭和の昔は

おじいさんやおばあさんから

仏の教えを聞いていました

 

その話をしてくれた

おじいさん、おばあさんもまた

子供のころにおじいさんやおばあさんから

教えられていたと思います

 

最近は檀家さんもなかなか説法を聞く機会がないようですが

 

日本人は昔から仏の教えを伝え続けていたのです

 

ところが核家族になって

おじいさんやおばあさんから遠く離れ

子供に教えてくれる人はいなくなりました

 

葬儀にも僧侶がいないことが珍しくないそうです

 

仏の教えは日本人の心です

 

日本で代々受け継がれてきた行事も忘れられてきています

 

大切な説法を歌に乗せて

たくさんの人に届いて欲しいと願っています

 

日本の心がどうかずっと続いていきますように…

 

お墓参り、行きましょうね!

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中