ほろ苦さは春の味

いつもお手伝いさせていただいている

キムチ屋さんのママから

「スマホを機種変したんだけど

わからないから来て!」

とLINEが来たので仕事帰りに行って来ました

 

以前のショップは機種変すると

データーの移し替えなど

やってくださったのですが

最近は自分でやってくださいと言われるようです

 

言うのは簡単ですが

よくわからないまま使っている人にとって

こんなに大変なことはありません

 

バックアップもアップデートも

何もやっていないと、そこからやらなくては

いけなくてかなりの時間を要します

 

もう少しわかりやすくないと

ガラケーをスマホに変えるなんて

かなりハードルが高いと思います

 

ACB6C3FE-71EB-4BC1-81E2-B8ABD1F9CD02.jpeg

 

教えてもらったら自分で出来る人

教わりながらなんとか自分で出来る人

教わっても出来ない人

そもそも覚える気がなくて頼る人

自分には出来ないと思い込んでる人

 

でもやってみたら案外スムーズにできませんか?

 

難しく考えると出来ることも出来なくなります

 

ビジネスも同じです

 

あまり難しく考えないで

まずはやってみませんか?

 

F98DB002-8445-49E4-9FD9-2EF89882589D

http://bit.ly/jsasatsukisai

 

 

キムチ屋さんに伺うと

「まずはご飯食べてね!」と

美味しい食事をご馳走になりました

 

今日はふきのとうの天ぷらがこんもりと…

F34AAFF8-874C-470A-A049-C3002BC9F88A.png

相模湖にお嫁に来てから初めて

季節の山菜などの採りたてを口にするように

なりました

 

でもふきのとうの苦味はなかなか慣れなくて

しばらくは食べていませんでした

 

久しぶりのふきのとうはとても美味しかった!

 

もちろんママのお料理の腕もありますが

春の山菜の独特な苦味が

何とも言えない旨味に感じました

 

年齢を重ねた証なのかもしれませんね!

 

韓国ではふきのとうは食べないそうです

春はよもぎを餅に入れたり

スープに入れたりすると聞きました

 

ふきのとうは苦いからと敬遠しているあなた

 

冬の体から春の体へと、スムーズに移行させていくのに欠かせない食べ物が山菜です。
昔から「春には苦みを盛れ」といわれています。実はこの苦みにこそ、冬から春の体に変わるメカニズムをスムーズにする働きがあるのです。冬眠から目覚めた熊が一番初めに口にするのは「ふきのとう」といわれているのも、ふきのとうの苦みを体内に取り入れることで、眠っていた体を目覚めさせるためでしょう。
春一番に顔をだすふきのとうやたらの芽など、山野に自生して食べられる植物を山菜と呼んでいます。本来は栽培されないもの、それゆえに特有の苦みや香りが強く、春の体に必要な植物なのです。
春の山菜には抗酸化力の高いポリフェノール群が豊富に含まれています。苦みや香りを含んだ春の山菜を上手に取り入れ、冬の間に体内に溜まった老廃物や脂肪を排出しましょう。上手に体内の熱を取り除くことは、春先の疲れやだるさを取り去り、そしてやがて訪れる暑い夏を、元気に乗り切る体を作ってくれます。

 

ということなので頑張って食してくださいね!

 

食べず嫌いは

        勿体ないです

 

春の山菜もJSAの合宿も

自信を持っておすすめいたします

 

A6555E5F-B5DB-433A-91B9-BC7CD832A973.jpeg

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中