「成功する人」と「搾取される人」

ペンシルバニア大学教授の、アダム・グラント氏は、「誰が成功のはしごを登るのか」を調査しました。そして彼は、成功のための重要な要因として「ギブ・アンド・テーク」に対する考え方を挙げます。

彼は世の中の人々を、受け取るだけの「テイカー」、もらえばお返しするバランス派の「マッチャー」、そして惜しみなく与える「ギバー」の3種類に分類し、どの人々が最も成功しているかを調べました。

最も成功していた人々は「ギバー」、つまり「人に与える」人々でした。

そして最も成功から遠いのは、どの職業をとっても、これも「ギバー」、つまり「人に与える」人々でした。

思いやりがあり、人の勉強を手伝い、相手にとって何がベストなのかを常に気を配る人は、「自分」より「人」を優先するため、生産性が低く、成功するどころか、逆に損をしていたのです。

結局、ギバーは、「ばかなお人よし」と「最高の勝利者」の両方に存在する。これは面白い事実です。

「ばかなお人よし」は「自己犠牲的」
「最高の勝利者」は「他者志向的」

従って、「成功するギバー」は、「上司」「取引先」が「テイカー」であるかどうかを常に監視し、彼らがテイカーであることが分かったら、すぐに彼らとの縁を切り、新しい関係を求めます。

 

「テイカー」とは

             とにかく縁を切れ

 

大きく成功したければ「テイカー」を見抜いた上で、この世の多くを占める「マッチャー」たちに対して、「ギバー」として振る舞うことです。

CD7BEE04-C5B9-4C4D-BCF5-EDF669C39187.jpeg

ただ尽くす人であってはいけません

それはビジネスだけではなく日常生活も同じです

 

日本人は自己犠牲的になりがちですから

気をつけないといけませんね

 

そして見返りを期待したり求めたりしていても

成功者にはなれないのです

 

成功するには自他ともに

厳しさが不可欠なのです

 

 

1FED33AC-1260-490A-8802-5D5523E8ACEB

 

私達と一緒に

JSAで成功者になりましょう!

 

http://bit.ly/2HOIw4V

 

AB4CB9AC-71A5-4270-9B7F-50C005AC4306.jpeg

 

 

以下より抜粋

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1906/26/news001.html

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中