ご馳走はいかがですか?

天国と地獄

ある男が「 天国 」「 地獄 」

のぞいてみました。

どちらも綺麗な花が咲き、水が流れ

それはそれは美しい場所でした。

テーブルには、

美味しそうなご馳走も並べています。

 

しかし「 地獄 」の住人は皆、

ガリガリに痩こけていて、

目は血走り気が立っている様子

「こんなにも美しい世界で、

いっぱいご馳走が用意されているのに

なぜ人々は飢えで

気が狂いそうなんだろう・・・」

 

やがて食事の時間を知らせる

鐘がなりました。

「 天国 」の住人にも「 地獄 」の住人にも

たった一つ与えられた条件があります。

” 1メートル以上の長い箸を使って

食べなければならない。”

「 地獄 」の住人は鐘がなると

一斉に長い箸をつかみ

我先にと一生懸命ごちそうを

食べようとしてます。

しかし箸があまりにも長すぎるので、

悪戦苦闘、

せっかく箸ですくった食べ物を

落してしまったり、

箸が長するために

隣の人とぶつかり

「食べ物が自分の口に入らないのは

お前のせいだ!」と互いにののしり合い

他人の食べ物を横取りしようとして

けんかばかり・・・

そんなことをしている間に

食事の時間は終了

・・・それは見るに耐えない光景でした。

 

次に「 天国 」の住人の様子を

見て行きましょう。

皆ふくよかで笑顔が絶えず、

幸せそうな様子です。

「 地獄 」の住人と条件は全く同じ

” 1メートル以上の長い箸を使って

食べなければならない。”

しかし、「 天国 」の住人は

美味しい料理をお腹いっぱい食べる

ことができています。

あなたは、

なぜかわかりますか?

「 天国 」の住人も

いよいよ食事の時間がスタートです。

「 天国 」の住人は、

長い箸で食べものを挟むと

向こう側の人の口に入れて、

あげています。

その人もまたこちらに食べ物を

運んできてくれます。

お互いに仲良く 他の人と

ごちそうを分けあっていたのです。

その長い箸は自分のために使うのではなく

周りを喜ばせるために使っているのです。

そういうことが自然に行われている世界で

した。

 

だから「 天国 」の住人は、

いつも笑顔を絶やすことなく、

幸せいっぱいなのでした。

天国も地獄も実は同じ場所。

ただ違うのは

「 互いに助け合う心、思いやる心 」

心構え一つで、

そこは天国にも地獄にもなります。

4A71C313-FF6F-4841-895E-93392653773D.jpeg

みんな天国に居たいですよね?

 

生きている世が天国なら

こんなに素晴らしいことはありません

成功者はこのことに気づき

チャンスというご馳走を

口に運んでくださっているのに

「見慣れないし食べたことがないから」

「毒でも入っていて

自分達だけいい思いをするんだろう」

と拒否して諍い合ってしまうのはなぜなのでしょう?

 

この絵は鍋を境に天国と地獄が分かれていますが

実際は同じ場所にどちらも存在しているのです

 

長い箸を使って分け隔てなく口に運んでくださるのを

拒否するのは自由です

 

でも口にした人は「美味しい、幸せ」を感じて

他の人の口にも入れてあげたいと思うのです

 

みんなが『美味しいね』と食べて

『美味しいからあなたもどうぞ』と

長い箸を正しく使えば

みんなが幸せになりますよね!

 

 

7月11日がその時です

https://blog.jyosho.xyz/2019/07/09/8705/

あなたもぜひ参加されてください

あなたの常識が変わるお話が聞けますよ!

ご質問はこちらまで

友だち追加

 

0F68D969-BB3E-48CC-8FD1-AACB7E501A4E

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中