足し算と掛け算どっちがいいですか?

お金持ちは「掛け算」でお金を稼ぐ。

貧乏な人は働く「時間」の量に応じて、

お金を稼ごうとします。

一生、貧乏であることから抜け出せません。

なぜ時給で働く人がお金持ちになれないのかは、

小学生でもわかります。

1日24時間しかないからです。

時給で働くとは「足し算の仕事」です。

26D992BE-B711-4ACE-836D-DE525941B878

丸1日24時間働いたとしても、

24000円しか稼げません。

これが限界であり、上限です。

それ以上稼ごうと思っても、

身体は1つしかありませんから

仕事の掛け持ちはできません。

人間ですから、体力にも限界があります。

いくら1日24時間でも、

24時間、ずっと働ける人はいません。

できるだけ長く働こうと思えば

体力勝負」です。

若いころはよくても、

年を取って体力が衰えれば、働く時間も短く、

収入も少なくなります。

時給を売って仕事をしているだけですから、

自分の魅力は上がっていません。

お金持ちは、時給で働いても限界がある事実に

気づいています。

口には出して言えませんが

「足し算の仕事をしていても、

稼ぐお金の量に限界が見えている」

と思っています。

時給で働いている限り、いつまでも貧乏から

抜け出せないことに気づいています。

では、お金持ちは、

どのような仕事をするのでしょうか。

お金持ちは「掛け算の仕事」をしようとします。

1つ例を挙げます。

まず、お金で時間を買います。

買った時間で、本当の自分磨きをします。

磨いて輝いた自分にしかできない、

世界でたった1つの素晴らしい曲を作ります。

1曲できれば、1つの作品が、

1000円だとします。

1人に売れれば、1000円の収入ですが、

100人に売れれば、100000円です。

掛け算で収入を得ようとします。

 

FB377813-582A-4245-A59A-3002002221F0.gif

 

さて、ここからです。

世界には、何十億もの人がいます。

つまり、何十億も売れる可能性があるという

ことです。

曲は国境なんて関係ありませんから、

さまざまな国に向けて販売できます。

1人が2つも3つも買うと、

さらにたくさん売れて、

掛け算の収入を得ることができます。

掛け算で仕事をするのは、上限がありません。

 

お金持ちは、時給のように足し算で

お金を稼ぐのではなく、

掛け算でお金を倍に増やします。

時間で稼ぐのではなく、

販売量で勝負しようとします。

稼ぐお金の上限はなくなります。

世の中のお金持ちは、これに気づいて、

すでに実行しているのです。

3436F07B-3EE3-4159-A771-AF9BC1CC7336.png

あなたはどちらを使いたいですか?

 

JSAの皆さんは収入の柱を複数立てて

かけ算の収入を得ています

 

お金持ちになるなら

お金持ちの真似をしなくっちゃね!

あなたも今日から

収入の柱を複数建てる方法を学びながら

資産を増やしていきませんか?

img_1851-1

https://blog.jyosho.xyz/

 

 

 

42D5F97F-3F8E-4BA0-95CB-2DB065FA2062

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中