故郷の祭り

博多出身の私が毎年楽しみにしている

博多祇園山笠が早朝にフィナーレを迎えました

 

F59D101F-53C5-415F-97BE-CEB746469EE7.jpeg

 

毎年この日を楽しみにしています

778年続いている伝統的な祭りです

 

お神輿は担ぐといいますが

山笠は「かく」といい

地元の男衆はやまのぼせと言われるくらい

この祭りに熱中します

 

7月1日から始まるこの祭り

博多祇園山笠(櫛田神社祇園例大祭)は

櫛田神社の祇園神・素盞嗚命(スサノオノミコト)への奉納神事です

詳しくはこちらをどうぞ

https://www.hakatayamakasa.com/

https://www.hakata-yamakasa.net/

 

追い山は午前5時前に起きないと

フィナーレは見られません

 

毎年、テレビの前で眠い目をこすりながら

楽しんでいます

今年は三連休の最終日で人出も多いようです

 

山笠期間中は「 禁忌(タブー)」があります

胡瓜断ち(きゅうりだち)

一番有名な禁忌は、山笠期間中はキュウリを食べてはいけないというもの。
なぜなら、輪切りにしたキュウリの切り口が、山笠の祭神・祗園神(スサオノミコト)のご神紋である木瓜(ぼけ)の花に似ている所から、ご神紋を口に入れることは畏れ多くも憚れると恐れ、氏子が食べることを遠慮した・・・というところから由来すると言われています。

700年以上も経った今も尚、7月1日から7月15日の間は、山の舁き手はサラダに入っているキュウリは必ずつまみ出しますし、この期間は小学校の給食献立表をみても「キュウリ」の文字がありません。

女人断ち(にょにんだち)

胡瓜断ちと共に現在も伝えられる禁忌は「女人断ち」です。
山笠行事の開始となるお汐井取り(一番山笠は7月1日、その他の流は7月9日)にて身を清めます。身を清めた事によりこの日から山笠の奉納が済む15日まで、山笠に出る男達は女性との接触を避けなければなりません。

 

女性はごりょんさんと呼ばれ

男衆を影で支えるのです

 

博多の町は山笠が終わると夏が来ると言われています

 

今年は梅雨入りが遅かった九州も

暑い夏がもうすぐですね!

 

5月の博多どんたくは毎年凄い人出ですが

意外に山笠を知らない方もいらっしゃいます

ぜひ一度伝統的なこの祭りを動画で

ご覧になってください

もっともっとお伝えしたいことがありますが

今日はこのへんで…

 

伝統や言い伝えなど

昔からあるものを大切にしていくことで

日本は続いてきました

これからもずっと大切にしていってほしいです

神様、仏様にはしっかりと手を合わせたいと

思います

 

故郷のことを語り合う仲間募集中です

https://www.wowapp.com/w/kkcat2and1/join

 

BA8EB89A-0151-46F7-A7DB-A7630431CFB9.jpeg

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中