積立コツコツよりも神案件

昨日の新聞に出ていた広告です

CEBFBA3B-CB63-4482-857E-4A80E22ED752.jpeg

金、銀、プラチナの積み立て購入は

20年ほど前にヘソクリでやっていましたが

当時はパラジウムなんてありませんでした

2BE2B67E-5FB0-44FE-AA51-BDFB9C3960CB.jpeg

私が金の積み立てをしていた頃は

プラチナが一番高くて1g ¥4.000台

金は1g ¥3.000台でした

毎月¥5.000でプラチナを中心に購入して

残った分で金を購入していました

 

いつからか金がプラチナよりも高くなり

昨日の相場は

DDB90AEE-517B-4C3D-B0CB-0F3A6F961C4A.jpeg

7A6ABDE4-E390-4E60-BB4F-C06F204408DC.jpeg

 

金とプラチナは逆転しています

 

気になったのはパラジウムです

金とほとんど変わらない価格になっています

 

パラジウムって何?

 

気になると知らずにはいられなくて

ググりました

 

パラジウムという金属は自動車の排気ガスを浄化するために使われているんですね。排気ガスに含まれる有害な汚染物質を大気中に放出せず、まとめて除去する触媒の機能があります。

この機能を持っているものは、何もパラジウムに限りません。プラチナ、ロジウム(貴金属の中で値段が一番高価)も同様な機能を持っています。ただし当時(何年も前から…)は、ロジウムなんて超高値の花。プラチナは金よりも高い。この中では、パラジウムが最も安い貴金属だったんです。

ですから自動車の特にガソリン車の排気ガス浄化のために主にパラジウムが使われ現在に至っているのです。

パラジウムは無限にあるわけではありません。むしろその存在は希少性に富んでいます。また金のように金を掘ろうとして金鉱脈から金が採れるようにはいきません。パラジウムは、そもそも採れる量が少ないプラチナなどの”副産物”なのです。だから「増産」ということができないのです。

こんな記事もありました

 

投資資産としてパラジウムが有望な理由

供給が需要を遥かに上回るパラジウムは、金以上に有望な貴金属として世界的な注目度を高めている。特に排ガス規制が強化される今の時代は、ガソリン車業界におけるパラジウムの需要が更にアップする。

また南アフリカなどの生産国では労働争議といった供給に大きく影響する情勢不安が生じているため、こういった要因が重なることでパラジウムの価値が上がりやすくなったと捉えて良い

 

パラジウムは歯の治療にも

使われているそうですが

害があるので気をつけてください

保険診療をおすすめしない理由の一つに、金属素材があげられます。日本の保険診療で認められている代表的な金属「12%金銀パラジウム合金」(銀歯)は、金属アレルギーや身体に与える影響から、世界の中で日本でしか使用されていない金属なのです。

 

世の中の投資っていろいろあるんですね!

 

金は採れる量が決まっているので

今後も価値が上がります

当時はそんなことは知らなかったので

簡単に売ってしまいました

と言ってもホントにヘソクリ程度の金額ですが…

 

GOLDが大好きな私ですが

今、もっと効率が良いもので

ヘソクリ以上の

資産になるものに出会えたので

そちらに没頭しています

 

神案件と呼ばれています

 

詳しくお知りになりたい方は

こちらから私と繋がってください

https://www.wowapp.com/w/kkcat2and1/join

 

チャンスは今です

 

手遅れにならないうちに

 

自由万歳🙌

と叫んでください

 

 

1F6D4C06-F878-4975-82E5-D4A2242B584E.jpeg

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中