幸せホルモン

オキシトシンというホルモンを知っていますか?

俗に「幸せホルモン」といい、体内の自律神経を整え、ストレスをなくし、免疫力をアップ。便秘や肩こりもなくなり、血圧を正常値にするといわれています。また、脳の疲れを取り、認知症の予防にもなる。さらに、人にやさしくなれることから、人間関係の改善にもつながるといいます。その優れものホルモンがちょっとした日常の心がけで、簡単に出せるようになるというから驚きです。

やる気を出させるドーパミン

心を安らかにするセロトニン

痛みを抑えるエンドルフィンの働きにも

オキシトシンは関わっているとか。

飼い主とイヌが触れ合うことで互いにオキシトシンが分泌される」という麻布大学の研究チームによる論文が、アメリカ『サイエンス』誌に掲載され、世界でも話題になりました。このニュースは新聞でも一斉に報道され、「オキシトシン」という言葉は広く流布しました。

 

99A678C8-0160-44BA-96F5-88085E149E03.jpeg

 

「オキシトシン」とは、ギリシャ語で「早く生まれる」という意味の言葉が語源のように、古くから女性の出産や子育てに関連するホルモンとして広く知られていました。

ではどうしたらオキシトシンが

たくさん分泌されるのでしょう

【オキシトシンを分泌させる方法】

  • スキンシップ(同性でもOK
  • 家族団らん
  • 友達と食事をする
  • 友達とカラオケにいく
  • おしゃべり
  • プレゼントを贈る
  • 人に料理を作る
  • 感動する
  • 感情を素直に表す
  • 親切を心がける
  • 思いやりの気持ちを呼び覚ます
  • ほ乳類とのスキンシップ(特にイヌ)

42DF4C73-9E58-49B1-9A3D-300C0BA81740.png

こんな簡単なことで

幸せホルモンのオキシトシンが分泌されて

幸せな気分になるのですから

積極的に取り入れたいですね!

そうすれば煽り運転などの嫌がらせも

なくなるかもしれません

 

健やかに生きていくには、オキシトシンの働きが効果的であることは間違いないでしょう。オキシトシンの観点から見て一番マズいのは、「オレなんて一生ひとりだ…」「あたしに幸せが訪れることはない…」と自分で自分の心を塞いでしまうこと。そんな風にとらわれていては、まるでオキシトシンは分泌されないでしょう。もし「自分は”オキシトシン不足”だ」と感じたなら、とにかくオキシトシンを分泌させるための行動をとるしかないのです。

そのための行動とは?

 

一緒に楽しく資産を増やして

楽しい毎日を過ごすことです

今夜のウェブセミナーに参加しましょう♪

こちらをクリック、記入して送ってください

簡単にセミナーに参加することができる

最新情報が送られてきます

紹介者は かとうけいこ です

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adypbEv

 

仲間も出来て資産も増えて

幸せホルモンが倍増ですね!

ED17383E-5329-4BB9-B6A6-FD0E8B8C89BA.jpeg

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中