幸も財も掻き集め

 

20日は酉の市でした

 

酉の市は、鷲神社、酉の寺、大鳥神社など鷲や鳥にちなむ寺社の年中行事として知られ、関東地方を中心とする祭りである。多くの露店で、威勢よく手締めして「縁起熊手」を売る祭の賑わいは、年末風物詩である。

鷲神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀り、武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰される。関東地方では鷲宮神社埼玉県久喜市)が鷲神社の本社とされる[3]。同社の祭神は、天穂日命武夷鳥命大己貴命である。日本武尊が東征の際、同社で戦勝を祈願したとされる。古くからこの神社を中心に「酉の日精進」の信仰が広まり、12月の初酉の日には大酉祭が行われる。

江戸時代には、武蔵国南足立郡花又村(現・東京都足立区花畑)にある大鷲神社(鷲大明神)が栄え、「本酉」と言われた。この花又鷲大明神を産土神とする近在住民の収穫祭が、江戸酉の市の発祥とされる。現在の同社の祭神は日本武尊で、東征からの帰還の際、同地で戦勝を祝したとされる。江戸時代には、花又の鷲大明神(本地)は鷲の背に乗った釈迦とされた。この神社の酉の市は、15世紀初めの応永年間に始まるとされ、参詣人は、を献納して開運を祈り、祭が終了した後浅草観音堂前(浅草寺)に献納した鶏を放った。

江戸時代後期から、最も著名な酉の市は、浅草鷲神社(おおとりじんじゃ)と酉の寺 長國寺(とりのてら ちょうこくじ)境内で行われた酉の市である。江戸時代には浅草の鷲大明神(本地)は鷲の背に乗る妙見菩薩とされた。「現在の足立区花畑の大鷲神社を「上酉、本酉」、千住にある勝専寺を「中酉」、浅草の鷲神社と酉の寺 長國寺を「下酉、新酉」と称しており、江戸時代に盛大な酉の市はこの3カ所であった。幕末には巣鴨、雑司ヶ谷などの大鳥神社でも酉の市が開催されるようになる。明治時代になると千住・勝専寺の酉の市は閉鎖されたが、江戸時代から続く酉の市はいくつかあり現在も賑わっている。

浅草の鷲神社と酉の寺 長國寺の東隣には新吉原という遊郭が存在し、酉の市御例祭の日には遊郭内が開放されたといわれ、地の利も加わり最も有名な酉の市として現在に至る。規模(熊手店約150店舗・露天約750店)賑わい(毎年70万人~80万人の人出)とも日本一の酉の市である。

 

5E113F1F-D58F-4623-9357-75DAAACD7872.jpeg

 

これも日本の伝統行事なんですね!

私はまだ、酉の市は未体験です

 

購入する熊手は、年々大きくして行くのが習わしだそうで

サンリオにはこんな熊手が飾られているそうです

4BE9A64A-36E2-4B9B-A4D8-102155F9336E.jpeg

 

酉の市で熊手を授与するのに、とっても粋な、江戸ならではの買い方があります。

授与する熊手が決まったら、まずは値段を聞いています。

教えてもらったお値段、そのまま支払いません。

ここでお値段交渉をするのが縁起熊手の買い方です。

安くしてもらった分、「御祝儀」として買ったお店に置いて帰るのです。

 

面白いですね!

 

熊手は商売繁盛だけでなく、幸運や財宝をかき集めたり

願いを叶えるなどの縁起物です

来年こそはぜひ、手に入れたいと思います

購入した熊手は高く持ち運び、高いところに飾ってくださいね

 

053F5897-3FAE-4E29-94F1-8C1FB3FCF6B1.jpeg

 

来年まで待たなくても、財を増やす方法があるのを

ご存知ですか?

 

それはこちらです

http://jubileeace.jp/

 

こちらにいらして、ご自身の目で確認してください

 

いらっしゃる方はこちらから私に

ご連絡下さいね!

https://line.me/R/ti/p/%40snm8188e

 

A035CCD1-19F9-4D9E-8FF3-2F53CCF6607F

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中