クモ膜下出血といえば…

爆笑問題の田中裕二さんが

クモ膜下出血だというニュースを見て

15年ほど前のことを

思い出しました

167B5733-48A0-41D0-A866-AAE7F80E3F82

夜、いつものように

お風呂に入った夫が

頭が痛いとすぐに出てきたのです。

鎮痛剤を飲んで

そのまま横になったのですが

今度は吐き気がすると

トイレへ向かいました

頭痛は一向に治らず、

トイレにもたびたび向かい

眠れそうにありません

あまりにも頭を痛がるので

深夜に救急車を呼びました

2階で寝ていたのですが、

救急車に向かって歩いて乗り込んだのです

意識も普通だし、歩けるので

まさか生死に関わる病気だとは

全く思いませんでした

いちばん近い日赤に運ばれましたが

医師がいないということで

もう少し先の大きめな病院で

診断の結果は

クモ膜下出血とのこと

クモ膜下出血といえば、

バッタリ倒れて意識もなく

亡くなってしまうという認識だったので

初めは信じられませんでした

50%の確率ですと言われ、

慌てて家族を呼びました

当時長男は高校生、

あとの2人は中学生でした

幸い良い医師と出会い

後遺症も全く無くて

本当にクモ膜下出血だったの?と

疑いたくなるくらいでした

一家の大黒柱が急に倒れて、

子供を抱えて

暮らしていくのは大変です

私は夫の両親と同居ですが

義母はもう、右半身麻痺で介護中だし

これで夫まで介護が必要になったらと

しばらくは思い悩む毎日でした

私が複業を考え始めたのは

そんなことが起こって

これからのことを考えたからです

もしも夫があの時居なくなってしまったら

私の収入だけでは生活できません

夫が作った借金を払うため

支払いも大変で

生命保険にも入っていませんでした

お金は自分で作るしかないと

いろいろなことをしましたが

いちばん確実な方法は

お金を増やす方法を知ることだと

上昇学に出会ってやっとわかりました

夫はその後、8年ほど前にも

軽い脳出血で倒れました

軽症だったので

1週間ほどの入院で済みましたが

3度目があったら

どうなることかわかりません

そして、来年からは

年金がもらえる年齢になる私にも

いつそんなことが起きるかわかりません

上昇学で学んでいる

さまざまな方法で

労働ではない複数の収入の柱を

構築しています

このブログを見たあなたも

ぜひ何かあった時のために

複数の収入の柱を建ててください

上昇学がどんなところか知りたい方は

私にメッセージをください

facebook   または LINE@

このブログでもかまいません

無料で学べる上昇学を

ぜひあなたも知ってくださいね!

 

123387E5-29D8-4BA8-9A74-308291B2C80968AEA88B-B3D7-44D3-B21A-559089ED4836

クモ膜下出血といえば…” への1件のフィードバック

  1. そんな大変なことがあったのですね。
    辛い体験をシェアしてくださり感謝します。

    越えられない壁はない!
    勇気づけられました。

    ありがとうございます

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中