恩送り

今日もTwitterからこちらをどうぞ!

CB6328A7-7E00-4D83-969D-531A361A75E83753FD12-66A5-4D2B-A719-D0E6DBE4F89B

素敵なお話ですよね!

昭和の日本の頃は

こんな人達がたくさんいました

お節介とも言われるけど

誰かが困ってると

黙って見ていられない

そんな人達がたくさんいました

いつの頃からか

人を疑い、信用できない

そんな世間に変わってしまいました

親切やお節介に見返りは求めません

ただ、あなたがまたそれを

誰かにするだけです

恩送り

情けは人の為ならず

という言葉があります

 

 

「情けは人の為ならず」とは「情け(=親切)は、いずれは巡り巡って(他でもない)自分に良いことが返ってくる[4](だから、ひとに親切にしておいた方が良い)」という意味の表現である。

「恩送り」や「情けは人のためならず」といったモラル・常識は、各地の人間社会が古くから持っている良識のひとつ。類似した考え方は、日本以外の国々、様々な国・共同体にも見られる[5]。英語ではA kindness is never lost(親切は決して失われないので実行しよう)と表現している。

英語圏では「恩送り」に相当する概念が、Pay it forward(ペイ・イット・フォーワード)の表現で再認識されるようになった。

2B36A9E6-1990-43B0-AABF-5596815676A4

映画にもなっていますね!

ぜひご覧になってください

今、世界は

欲にまみれた人達に牛耳られています

人が欲を無くすのは

とても難しいことかもしれません

でも、それを押さえることができるのも

人間です

恩返しは動物だってします

人間ができないはずはありません

みんなが優しくなれる世界をつくるのも

人なんですよね!

まずは大人が手本になりましょう♪

0B22BDBF-D849-4AFF-A2EC-D3F9A76750B6C3DA587F-ADCC-48D1-9DCC-19106E3EB3A5

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中