我慢と辛抱

今日はこちらをどうぞ

【今日の一言】

実行、努力までならみんなする。

そこでやめたらドングリの背比べで終わりなんだ。

一歩抜きんでるには努力の上に

“辛抱(しんぼう)”

という棒を立てるんだよ。

この棒に花が咲くんだ。

鍵山秀三郎(イエローハット創業者)

掃除は物を磨く事によって
実は心を磨いている
何事もやり続ける事が大切

いつもありがとう

今日もしっかりやっていきましょうね(^_^)b

感謝

       facebook 坂井亮一さんより

AAB944CE-D951-4B8B-881F-2CB8A37C2113

 

「辛抱」=苦しい状況に対して、長期的に耐えること。(ポジティブ)

「我慢」=欲望や苦しさ・辛さなどを短期的に耐えること。(ネガティブ)

ということでした。

 

つまり両者の違いを簡単に言うと、

「長期的にポジティブに耐えるのが辛抱」

「短期的にネガティブに耐えるのが我慢」

ということになります。

別の言い方をするなら、 【辛抱はいつか実を結ぶもの、「我慢」はいずれ爆発するもの】とも言えるでしょう。

 

「辛抱」は、「世のため・人のために頑張る」のように ポジティブでちゃんとした目的があります。

したがって、 長期的に耐えていればいずれは報われる行為なのです。

一方で、「我慢」は 「早く欲望を満たしたい・早くその場から逃げ出したい」 などその人本来のネガティブな感情があります。

そのため、「我慢」の方は周りのためというよりは 自分のために一時的に耐えるというイメージになるのです。

 

以上のことから考えると、 「我慢」よりも「辛抱」の方が、より精神的なことを耐える時に使う ということが分かるかと思います。

 

ちなみに、その他の違いとしては、 「辛抱の方が少し古風な表現」という点も挙げられます。

現代で「辛抱」という言葉を頻繁に使うことはありません。

逆に「我慢」の方はもっとカジュアルな言い回しなので、 一般的にはこちらの方がよく使われています。

これを別の角度からとらえると、「辛抱」は今の時代において なかなか簡単にできることではないこととも言えるでしょう。

F1D6272C-2DCD-42D7-8FCB-530742684E42ECDB9E32-D29C-49EB-B3DC-C3B9EA986E67

辛抱という言葉は

あまり聞かなくなりましたね

やはり

なかなか出来ないことだからなのでしょう

なかなか出来ないことだから

「おしん」などのドラマは

人気があるのかもしれません

これからは我慢ではなく

誰かのために辛抱することを

考えていきたいと思います

今日の相模湖は晴天です

5年前の昨日は

雪が積もったようです

すっかり忘れていましたが

facebookが思い出させてくれました

暖かい冬で

今日も日中はコートもいらないようです

気温差が激しいので

調節しやすい服装でお過ごしくださいね♪

D19A24DA-7070-429B-8F36-0EA4D674A66B

A1D3D55A-BCCC-438B-8E38-8F532727761DA2238BE6-2B6B-4F0F-8D9E-68846C6DEEB0


 

51C4E0E1-9E86-4810-B164-7787610F05DF

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中