First dream

初夢は見れましたか?

「一富士二鷹三茄子」

と言われていますがなんと続きがあるそうです

 

2DDF3B73-4392-4712-A9E1-2974898E505E.jpeg

 

「四扇(しおうぎ)」「五煙草(ごたばこ)」「六座頭(ろくざとう)」

「扇」は、扇(あお)ぐために使われるだけでなく、お祭りや舞踊のときに使用する小道具であり、「煙草」も、祭りやお祝い事など、人が集まる席になくてはならないものでしたので、縁起ものとされていました。

「六座頭」の座頭という言葉は、聞き慣れない方も多いかと思いますが、髪の毛を剃った盲人のことを言います。

小泉八雲の怪談話に登場する「琵琶法師」を思い浮かべて下さい。髪の「毛がない」ことから、「怪我ない」を表すとされ、家内安全を願うものとされました。

 

縁起のいい夢が6つになると

初夢も見る楽しみが増えますよね!

 

昨夜は夢を見なかったという方は

今夜を期待してください

 

江戸時代前半くらいまでは大晦日の夜説、江戸時代中期以降は2日の夜説が有力とされていたようです。

2日の夜説の理由としては、この日のみ売られる宝船の絵を枕下に敷いて寝ると縁起のよい夢が見られるという噂が広まったためです。

 

今夜は宝船や富士山の絵などを枕の下に敷いて

縁起のいい夢を見てください

あなたの叶えたい夢もきっと叶いますよ!

 

そして少しでも夢に近づくために

あなたもチームの一員になりませんか?

 

いろんなことを学びながら

ひとつづつ夢を叶えていきましょう

 

http://bit.ly/2HOIw4V

 

A6573047-BD32-4A4D-A6FF-EFB2B5E96A03.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中