ごはんと味噌汁、自分で作れますか?

九州大学で2013年から続いている人気の

「自炊塾」という授業があるそうです

普通の料理教室とは違って

「履修条件が厳しい」にもかかわらず

定員25人枠に毎年3~5倍の学生が

殺到するそうです

1年生は4月から7月まで全15回の授業

さらに課外授業に4回出席だそうです

授業計画はこちらです

・本気で自炊を身に付けたい学生のための実践的授業。自炊経験は問いません
・期間中に40回以上の自炊をこなすこと
・その記録をfacebook「大学生自炊応援団」(非公開グループ)へ投稿し、メンバーと活発に交流し合うこと
・毎週水曜の昼休みにキャンパス内で実施する1品持ち寄り「弁当の日」に参加すること

 

3カ月で40回ということは

ほぼ2日に1回の自炊をすることになります

入学したばかりの1年生には

かなり大変な内容です

 

担当の講師は

「料理はスポーツと一緒で、知識だけでなく体感したことをベースに上達します。プロが調理する姿をしっかり見て、せん切りはこうだ、ここで味見するんだと言葉にできない暗黙知を身に付け、あとは自分でマネしてほしい」

「ご飯とみそ汁を作れるようになれば基本はOK。料理の向こう側にある世界まで知ってほしくて始めたんです」

とおっしゃっているそうですが

料理やスポーツだけでなくビジネスの世界も

同じではないか?と思いました

3E94AE59-E751-4723-ADAD-088F5E1F85BE.jpeg

私が学んでいるJSAは

まず権利収入を確保することを学びます

そして投資や運用で増やしていけるように

学んで行きます

 

自分の力で生きていけるようになる事が

ごはんと味噌汁を作れるようになる事と

同じだと思うのです

 

91F0C21A-5B9A-4E19-92C6-29E969E5EA6A.jpeg

 

明日急に働いている会社が

倒産してしまったら?

一家の大黒柱であるお父さんが

倒れてしまったら?

怪我や病気で

労働が出来なくなってしまったら?

権利収入はこんなことが起きても

収入を確保することができます

 

生活に必要な金額以外は投資や運用をしながら

家族や友人達と自由な時間を過ごせます

 

そして寄付をして人の役に立つことができ

喜びを感じることも出来ます

 

自炊塾はたったの4ヶ月しか学べませんが

JSAはもっとしっかり学ぶことが出来ます

本部で精査された数々の案件で

収入の柱を何本も立てることが出来るので

例えばどれかひとつの収入が

得られなくなったとしても

慌てる事なく生きて行けますよね!

 

ビジネス=お金儲け

 

そう思っている人が結構多いと思いますが

それは間違いです

ビジネスとは生きていく方法です

その力がついたあと収入を増やすことが出来ます

サラリーマンもひとつの方法です

でもサラリーマンだけをやっていても

資産はほとんど増えません

給料だけでは限度があるからです

 

これからの生活を

より豊かにするために

JSAで学びませんか?

 

http://bit.ly/2HOIw4V

E570353F-1A16-4311-9DF1-01B00FF601FB

 

昨日もまた新しい案件がお披露目されました

次々と結果が出る案件に

メンバーは皆さん喜んでいます

あなたも早くその喜びを感じてください

 

7E0E675A-BA36-486D-B9E3-378EAB5811A3

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中