とにかくやってみよう!

「まずやってみる」が理にかなっている脳科学的理由。“経験の蓄積” が小脳をブーストさせる!

私たちにある「特殊な能力」とは?

京都大学大学院医学研究科 白眉センター特定准教授の武井智彦氏によると、私たちには、ほんの数秒間ほど先の未来を予測できる能力があるそうです。「なーんだ、その程度が」と思うなかれ。

その能力がないと、たとえばボールがどのように飛んでくるか予測できないのでキャッチボールをすることができないし、どのタイミングで車のブレーキを踏めばいいか予測できないので必ず停止線を越えてしまうし、背中を反らせるタイミングや角度を予測できないので、腕を前に挙げるたびに腕の重さで前方によろめいてしまいます。

つまり私たちは、「少しだけ未来を予測する特殊な能力」があるからこそ、スムーズな動作を可能にしているわけです。そんなことができるのは、小脳(cerebellum)の「内部モデル」という神経機構があるからなのだとか。

私たちが瞬時に未来を予測して適切に動作できるのは、物事の仕組みを反映した「モデル」を、過去のあらゆる経験によって脳内に蓄えているからとのこと。それを「内部モデル」と呼ぶそうです。

「やってみた蓄積(経験)」がなければ、内部モデルはうまく機能しないわけです。

繰り返し考えていると小脳回路が大脳の思考モデルをコピーするので、それを前頭葉が操作して思考するようになるとのこと。

つまり、端的に言えば、私たちの動作も思考も、小脳の働きによって経験するほどスムーズになっていくわけです。

どうですか?

失敗は成功のもと

というのがわかりますよね!

あなたが人生を上手く生きていくには

たくさんの経験値が必要なのです

動くことを止めてしまうと

いざという時に動けなくなります

やってみることって

大切なんですね!


失敗したら、やり直せばいいのです

成功者がたくさんいる場所を

覗いてみませんか?

なかなかそんな場所には出会えません

成功者がどんな行動をしているのか

どんなことを考えるのかを

経験してみてください

こちらから私と繋がっていただくと

その場所にご招待いたします

https://www.wowapp.com/w/kkcat2and1/join

こちらから抜粋させていただきました

https://studyhacker.net/yttemiru-noukagaku

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中