Are you ready?

24歳で筋ジストロフィーを発症して

首から下の運動機能を失ったけれど

後に車椅子社長として

ご活躍された春山満さんの本から

抜粋されたものです

 

【命を知り 命を立てる】

先週に続きまして主人の著書「僕はそれでも生き抜いた」の“死にたかったら「思い出せ」”から抜粋しました。(vol.3)…春山 由子

 どの「障害」が最も辛いのだろう、と考えたことがある。例えば、工事現場で右手の指を失った人がいる。
「あの事故さえなければ、指さえあったら、仕事も何もうまくいったのに」といつまでも嘆いている。この人にとっては、指を失ったことが、この世でいちばん辛いことなのだ。
 交通事故で車椅子生活になった人は、足が動かないことが何より辛い。目が見えない人にとっては見えないことが、耳の聞こえない人にとっては聞こえないことが、心臓の弱い人にとってはその病気がこの世でいちばん辛い。どんなことであれ、自分が失ったものがいちばん辛い。でも、失くしたものを見ないで、残っているものを見ると、どうだろう。
 僕は「近い将来、首から下の機能を完全に失う」と宣告された。
 その言葉どおり、手も足もまったく動かなくなった。今では寝返りもできない。だけど、しゃべることができる。見ることもできる。聞こえる、感じられる、何よりも考えることができる。
 こんなにありがたいものが残されている。
 首から下はまったく動かないが、目の見えない人って、どんなに辛いだろう。耳が聞こえないって、どんなに恐ろしいだろう。
 すると、自分が受けた「障害」がいちばん軽いと思えてくる。僕には首から上の機能がある。その残っている機能を人よりも使うことで、絶対に生き残ることができる。僕はそう信じて、生きてきた。
 そう考えると、僕はラッキーだ。
 たとえ足が失くても、手があるじゃないか。手も足も動かなくても、しゃべれるじゃないか。
 何よりも、生きているじゃないか。僕は難病を患って、「生きている」という、当たり前の幸せのありがたさに気づいた。そして確信した。人生って、捨てたもんじゃない。

▼「僕はそれでも生き抜いた」(amazon.co.jp)
  https://is.gd/dvgZuI

F398AD20-A99C-4671-A9F0-EDB6460F8DB1

出来ないと諦めてしまいがちですが

やり方はいろいろあると思うのです

…だったら、

とか

…あの時こうしていれば、

とか

後ろ向きになってしまったら

せっかく進んで来たみちを

戻ってしまうことになります

ひと休みしたら

前を向いて歩き出してください

せっかくのチャンスを逃してしまっても

チャンスは何度でも訪れます

その時のために

『B事項』

として、

しっかりと準備をしておいてください

3F49D890-150B-4BDA-947C-CF2C866F2AAD

たくさんのチャンスを手にできる

そんな環境に身を置きませんか?

あるコミュニティに参加されると

次々にチャンスが訪れます

チャンスの掴み方も学べますよ!

興味がある方は

こちらからご案内しています

    ⬇️

https://www.wowapp.com/w/kkcat2and1/join

 

 

 


 

24FDD86A-58F7-41C0-9CBA-3346B5D02CE6

A5475C53-0F31-4B34-BF3B-53636B1D09C2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中